美を欠いた世界


目の前にあるものに

「美」を感じたのなら、

そこには「秩序」がある、

ということだから、



目の前にあるものに

「美」を感じない場合、

わたしの世界の「秩序」は

すでに崩壊しているのです。



「美」を求める、

「美」を生み出すとはつまり、

崩壊した世界の秩序を再建する、

ということで、



これが普遍的な真理だとしたら、

「美」を追い求める人間の行為が、

どれほど切実なものであるかが、

分かると思います。






ここ数日、

わたしの世界は

徹底的に壊れています。

最新記事

すべて表示

柔らかくて底のない

「雨さんは、柔らかくて底のない魂で、眺めていたら僕の周りの景色まで変わってしまうかのような、そんな存在です。」 恋人が送ってくれた、別れの手紙に記されていた言葉。 人間は柔らかく底知れない魂を持っている。夜の海のような魂を。 底がないというのは無限の可能性を端的に示している。 底無しの闇は恋人の中にも存在していたはずだ。 彼はわたしを抱く度、柔らかく底のない魂とその容れものである体を必死に貪ってい